予防歯科・ドライマウス


今までに洗口液についてはお話したことがありましたが、今回は、ブラッシングと洗口液(特にエッセンシャルオイル配合液)の関連について書かれている論文をご紹介します。

プラークと歯肉炎に対しての洗口液

数ある洗口液の中でもエッセンシャルオイルを含有した洗口液についてこの論文では述べられています。

また、18歳以上の歯肉炎を有する健常者を対象に行われたています。

 6カ月以上の期間で行われており、毎日歯磨きのみのブラッシングと歯磨きに加えて洗口液を使用したグループを比較したところ、 使用したグループは、使用していないグループに比べて有意にプラークスコアと歯肉炎の減少が認めたれたとのことでした。さらに歯間部においてより顕著に減少が認められたとのことでした。

また、フロスを使用したグループと比較したところ、歯肉炎の状態では有意差はありませんが、プラークスコアの減少については有意差がありました。

 この論文から、エッセンシャルオイル含有の洗口液には歯肉炎を抑制し、プラークの付着を抑制することに効果的であることがわかりましたが、洗口液単独での使用ではなく、歯磨きとの併用は必要です。

 

歯ブラシ、フロスとの洗口液の併用

この論文では軽度〜中程度の歯肉炎を有する人を対象に行われています。

この論文もエッセンシャルオイル配合の洗口液に注目されています。

まず、・歯ブラシとコントロール洗口液の使用グループ、・歯ブラシとフロス、コントロール洗口液の使用グループ、・歯ブラシとフロス、エッセンシャルオイル配合の洗口液の使用グループにわけ、6ヶ月間口腔ケアを続け、その後歯肉炎、プラークの付着、出血状態を比較しています。

結果としては、エッシェンオイル配合洗口液を使用されたグループが、他のグループと比べて著明に歯肉炎、プラークの付着が減少したとのことでした。

 普段のブラッシングに加えて、フロスなどの補助清掃器具と共に洗口液を使用されることでより効果的な口腔ケアを行うことができます。

まとめ

今回はエッセンシャルオイル配合の洗口液とブラッシングについての文献をお伝えしました。

エッシェンシャルオイル含有することでプラークの付着、歯肉炎の改善に効果があることがわかりましたが、その他様々な洗口液があり、それぞれ特色ある成分が含まれていますので、自分に合った洗口液をお使いください。