口腔外科

口腔外科は、口の中のできものや、顎の痛みの診断、または抜歯などの外科的処置を行います。また当院院長は口腔外科の専門医ですので安心して受診していただけます。

外骨症
口蓋隆起

口腔外科に関するブログ記事を見る

親知らず

1番前にある中心の歯から数えて8番目の歯を親知らず(智歯)といいます。
まっすぐに生えてこなかったり、虫歯になったり、埋もれていたとしても、横を向いていたり、歯の周囲で腫れを起こしている場合には抜歯を検討する必要があります。

抜歯が適応になる親知らず

  • 横の歯を虫歯にしてしまう。
  • 虫歯で親知らずが痛い。
  • 親知らずの周りの歯茎が腫れて痛い。
  • 親知らずの周りがきれいに歯磨きができず口臭がする。
  • 親知らずが横を向いて生えていて歯並びを悪くする可能性が高い。
親知らず

顎関節症

「口が大きく開けられない。」「物を噛むとき顎が痛い。」「顎がカクカクと音が鳴ったりする。」これらは顎関節症の症状です。主に噛み合わせが原因で起こる場合が多いですが、ご自身の噛み癖やストレスが原因になる時もあります。
治療としては主に薬物療法及びマウスピース製作、かみ合わせ治療を行います。
まれにある外科的処置が必要な重度の顎関節症の方には提携している医療機関と連携して行います。

顎関節症の主な原因

  • 精神的ストレス
    精神的ストレスによる「くいしばり」や「歯ぎしり」、「カチカチと歯をならす」などは、顎関節にも強い負荷をかけています。
  • 噛み合わせ
    不正咬合によりあごがずれ、生理的な関節の位置や顎位を得ることができずに発症してしまうことがある。
  • 顎骨格と食生活
    現代人は、顎が小さくなっているため、顎の発達が悪いと顎関節への負担も大きく、それが原因で発症することがある。
  • 動作癖
    頬杖、俯せ寝、偏った側だけで噛む習慣、管楽器の演奏なども顎関節症のきっかけとなることがある。
顎関節レントゲン

口腔内の出来物

舌、唇、頬や口蓋等、歯肉にはさまざまな腫瘍やのう胞が発生します。
ただの口内炎だと思っていても、腫瘍であることがあります。萱島にある当院の院長は日本口腔外科学会認定「口腔外科専門医」であるので、口内炎、良性腫瘍の治療から悪性腫瘍のの診断まで行っております。また全身麻酔を伴う手術などの場合は、関連病院までご紹介させていただきますので、ご安心ください。

口腔カンジダ症
口の中の出来物
地図状舌