入れ歯治療

入れ歯とは自分で取り外しが出来、歯茎の部分に相当する「床」がついた歯のことです。入れ歯の種類の中には保険適用のものと、自費診療のものとがあります。
保険適用の入れ歯であれば費用を抑えることができますが、審美性や装着感は劣る傾向にあります。
一方、自費診療の入れ歯であれば、保険適用のものと比べると費用はかかりますが、金属を多く使うので、装着したときの違和感が少なく、またお食事の際に温度を感じやすいのでよりおいしく食べることが出来るメリットがあります。
その他にも金属のバネ(クラスプ)を使わない審美性を重視した「ノンクラスプデンチャー」といわれるもあります。
患者様の口腔内の状態とご希望をあわせて最適な治療を行いますので、一度ご相談ください。

ノンクラスプ義歯(金属なし)
保険の義歯との比較
保険の義歯との比較

入れ歯治療に関するブログ記事を見る