ホワイトニング


みなさん歯を白くしたいなって思ったことはありませんか?

最近ホワイトニングをされている方がたくさんいます。今回はホワイトニングについて種類や方法、メリット、デメリットなどを説明していきたいと思います。

 

まず、種類。ホワイトニングの種類は2種類あり、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニングは歯医者さんなどの専門的な場所でしてもらうホワイトニングです。ホームホワイトニングはマウスピースを作りお家でホワイトニングをする方法です。

それぞれのメリットデメリットを説明していきます。

 

 

 

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング

〈オフィスホワイトニング〉

オフィスホワイトニングは歯医者さんなどで行うホワイトニングの方法で、メリットとして1番大きいのは、個人差はありますが、1回のホワイトニングで白さを期待できる点です。なので効果を早く出したい方にオススメの方法です。オフィスホワイトニングは歯科医師や歯科衛生士が基本的には行います。そして、医院で1本1本の歯にジェルを塗布していきます。なのでジェルを綺麗に塗ることができ、色むらなく白くすることができます。デメリットとしては、ホームホワイトニングよりも濃度の濃いホワイトニングジェルを使うために歯がしみる事や痛みが出ることがあります。そして、保険外治療になりますので、それぞれの歯医者で値段は違ってくるのですが少し値段が高めになってしまいます。

〈ホームホワイトニング〉

ホームホワイトニングはマウスピースを作成して自宅でホワイトニングする方法になります。まず、歯医者さんで型どりを行い、自分専用のマウスピースを作成します。そして、専用の薬剤を使ってマウスピースに入れて毎日数時間装着してもらいます。マウスピースさえあれば、ジェルを繰り返し購入するだけで自宅でホワイトニングすることが可能です。安くで自分のしたいときにホワイトニングできる、オフィスよりも安いのがホームホワイトニングのメリットとなります。デメリットは歯医者さんで使うジェルの濃度が薄いために効果が出るのが遅く感じます。だいたい2週間頃から効果を感じ始めることができます。

オフィスとホームそれぞれにメリットデメリットがあるのですが、1番効果のある方法とはデュアル型ホワイトニングといってオフィス+ホームの両方を行うのが1番効果的です。

まとめ

もちろん、すべての人が芸能人のように真っ白になるわけではありませんし、薬の浸透のしやすさによっては効果がなかなか得られない人もでてきますし、元々知覚過敏や歯周病が進んでいる人しみたり痛みの程度がひどい人もいます。また場所や虫歯の大きさによっては先に虫歯の治療をした方がよい場合もあります。

また、子供の頃に飲んだ抗生物質の影響で永久歯が変色してしまっている人はホワイトニング出来ないことはないですが効果はあまり期待できないかもしれません。そのような場合はラミネートべニアなど他の治療法を行った場合のほうがよい場合もあります。

ホワイトニングを考えている人は是非一度歯医者さんで相談してみてください。