予防歯科・ドライマウス


口腔乾燥症

口腔乾燥症は加齢に伴う唾液分泌能の低下だけでなく,シェーグレン症候群,ガンなどによる放射線治療,いろいろなお薬の副作用,糖尿病や腎疾患などいろいろなことが原因で起こります。

症状はお口の中の乾きや痛み,唾液のねばねば感,味覚異常,舌の痛みなどさまざまで,ひどくなると食事や会話,睡眠にも支障をきたします。

唾液中にはIgA,リゾチームやラクトフェリンなど免疫機能や抗菌作用を有する成分が含まれているため,唾液の量が減少するとお口の中の自浄作用や抗菌作用が低下し、口腔カンジダ症や歯周病、むし歯になる危険も高くなります。

飲み込みが困難な方は誤嚥性肺炎のリスクが高くなるので,口腔乾燥を起こしやすい高齢者への口腔ケアは非常に大切です。

日本ではおよそ3000万人の口腔乾燥症を有する方が潜在しているといわれています。

口腔乾燥症に対する治療

口腔乾燥症に対する治療として用いられている保湿剤は,要介護高齢者への口腔ケアや訪問歯科診療の増加にともない,多くの製品が販売され,日常的に利用されています。

一般の方でも用いていただけますので、一度ご相談ください。