予防歯科・ドライマウス


「乳酸菌」ってご存知ですか?

ヨーグルトとか、牛乳などの乳製品などによく含まれているアレです。

他にも、納豆や、漬物などにも多く含まれています。

昔からよく「乳酸菌には悪玉菌を減らして腸内環境を整える」など様々な効果があるといわれています。

更に、近年では「免疫機能強化」、「コレステロール値の低下作用」、「アレルギー症状の改善」、「花粉症症状の改善・予防」、「体脂肪・内臓脂肪の低減効果」など様々な効果のある乳酸菌が発見されています。

そんな中、口の中に存在している悪玉菌(歯周病菌など)に対しても効果がある乳酸菌が注目されてきました。

そもそも善玉菌、悪玉菌とCMなどでよく言われていますが、

悪玉菌とは健康に悪影響を及ぼす菌の総称のことで、逆にこの乳酸菌などを含む善玉菌は、人体に存在している細菌の内、その活動が人体の健康を保つために貢献している菌の総称となります。

 

口の中には何百といわれる多種多様な口腔常在菌と呼ばれる細菌が存在しており、常に善玉菌と悪玉菌で勢力争いをしています。 

しかし、病気やストレス、疲れなどで、口の中の環境が乱れると、悪玉菌が善玉菌よりも勢力が強くなってしまい、歯茎が腫れたり、出血したりや膿が出てしまうことがあります。

 

 

今回はそんな口腔環境の改善に役立つ乳酸菌を紹介します!

LS1(TI2711)

一つ目は、LS1(TI2711)と呼ばれる乳酸菌です。

 このLS1は、口腔内の歯周病菌の中でも、歯周病を重症化させるといわれているレッドコンプレックスと呼ばれる菌の1つである「ポルフィロモナス・ジンジバリス」と呼ばれる菌を24時間で殺菌してしまうという効果があると報告されています。

 このジンジバリス菌は歯周病のほかにも口臭の原因としても考えられているため、歯周病予防のほか、口臭予防にも効果があるといわれています。

 実は、乳酸菌は糖を分解して乳酸を作るので、乳酸菌の中には虫歯の原因菌となる種類もあるのですが、このLS1は自分自身で作り出した乳酸で周囲の環境が酸性に傾くと自分自身を分解して死んでしまう性質があります。

そのためLS1だけで、持続的に虫歯になりやすい環境が続くことはありません。

LS1(TI2711)が含まれている製品

このLS1(TI2711)が含まれている製品として

・ライオン 乳酸菌【LS1】歯科用オーラルヘルスタブレット

・湖池屋 乳酸菌LS1 SUPER 各味  などがあります。

 

上で紹介した商品はタブレットです。

基本的には寝る前などになめていただくことをおススメされていますが、いくら口の中の環境を整えるからといっても、なめるだけで歯磨きを怠ると汚れが溜まっていき、口の中の環境は悪化してしまうので、しっかりと歯磨きを行うことは必須です!!