予防歯科・ドライマウス


MIペーストとは、CPP-ACP(リカルデント)と呼ばれる成分が含まれており、お口の中の中和作用、緩衝作用や歯の再石灰化が促進されます。

CPP-ACPとは何かというと、牛乳由来たんぱく質のカゼインホスホペプチド(CPP)と、非結晶性リン酸カルシウム(ACP)の複合体です。

 

歯の白濁(初期う蝕)

歯医者さんで検診をした時に“CO”というのを聞いたことはありませんか?

COとは初期う蝕のことで、“虫歯になりかけの歯”という意味です。

これは先生の考え方やCOの度合いにもよりますが、基本的には経過観察になることが多いかと思われます。

歯が黒くなり歯に穴があいてしまうと、基本的に歯の質が元通りに戻ることがありませんが、COで歯の質が脱灰(白濁)している状態の場合は再石灰化すると虫歯の進行を抑えることができます。

そこで活躍するのがMIペーストです

脱灰した歯を再石灰化させるには、その元となるミネラルが必要になります。

MIペーストにはミネラルが豊富に含まれており歯の再石灰化を促進する効果があります。

よって、白濁のある歯にMIペーストを塗り続けると白濁は治まっていきます。

使い方は?

歯みがき粉でブラッシングをした後に、MIペーストを塗りこむ方法が効果的です。

特に虫歯になりやすい方はフッ素入りの歯みがき粉でしっかりブラッシングした後にMIペーストを塗布して就寝しましょう。

ここのブログでも何回か紹介した、チェックアップシリーズの歯みがき粉はフッ素が他の歯みがき粉より多く含まれているので効果的かと思われます♪

歯にMIペーストを塗る際は、綿棒やキレイに洗った手などで米粒の大きさくらいを歯の面に塗布してください。

 

マウスピース

また、もうひとつの方法でマウスピースにMIペーストを入れてマウスピースを装着して寝るという方法もあります。

ホワイトニングなどで使われるマウスピースを使用し、MIペーストを入れて使うと、塗布するよりもマウスピースの方が歯に滞留する時間が長いのでより効果的になります。

その際、MIペーストをマウスピースに入れて、綿棒で伸ばすとやりやすいです☆★

どこで買えるの??

歯医者さんで置いている所が多いです。

お近くの歯医者さんで問い合わせてみて下さい。

あとは、アマゾンや楽天などのネット通販でも販売されています。

ちなみに、大杉歯科医院では、一本1700円で販売しています♪

味の種類が豊富です♪

MIペーストは味が沢山あります。

定番の味は、いちご・メロン・バニラ・ヨーグルト・ミントです♪

大人の方だとミントが人気です。

子どもさんにはヨーグルトが人気♪

MIペーストはたまに期間限定の味をだしていて、この前だと、パイナップルとリッチミントという味が発売されました!!

パイナップルは個人的にすごくおいしかったです☆★

リッチミントと定番のミントの違いは私にはわかりませんでした・・・

あと、チョコレート・りんご・抹茶なども以前発売されていました。

チョコレートとかすごく虫歯になりそうなものですが、チョコレート味でもMIペーストなら虫歯になりません(’▽’)♪

これだけ種類が豊富だと選ぶのもたのしいですね。

是非いろいろな味を試してみてください!

まとめ

みなさん、MIペーストがどういうものなのか、どういう風に使えばいいのか分かりましたでしょうか??

虫歯が広がる前に、フッ素入りの歯みがき粉で毎日ブラッシングを行い、歯に大切なミネラルを補充する為、MIペーストを塗りましょう。

白濁のある方は頑張って毎日使っていただきたい商品になります♪

白濁のない方でも予防の為に使用するのも良いでしょう。

大切な自分の歯は、自分でしっかり予防していきましょう。